本日、8月8日(火)に「日本の森から生まれたハチミツ」を発売します。また、日本の森に棲む希少な“二ホンミツバチ”の「蜂蜜」と、“広葉樹の活性化”について。

さて、今日は8月8日(火)で、“ハチ、ハチ”な日。という事もあり、

「日本の森から生まれたハチミツ」を限定で発売させて頂くことに致しました。

森から生まれたハチミツ

「日本の森から生まれたハチミツ」は、かつて、

yuicaの飛騨高山の事務所に巣を作っていた

“ニホンミツバチ”が集めた百花蜜です。

yuicaの森や周辺の地域の森の野花から集められています。

今から5年程前ですが、

私達の高山の事務所に“ニホンミツバチ”が巣を作っているのを見つけ、

yuicaの森の近くに住む友人に引き取って育っててもらうことにしました。

そして、今年に入り、その友人が分蜂を何度繰り返し、

巣箱を増やして“ニホンミツバチ”の巣から

沢山の蜂蜜が取れるようになりました。

ミツバチ

最近、「ミツバチ」は森の生態系の豊かさや農作物の育成を保つ為に、

大切な存在であるにも関わらず、

危機的状況に陥っているという話を聞きました。

既に北半球の1/3の「ミツバチ」が死滅している

という話もあります。

もし「ミツバチ」が絶滅してしまうと、

人間も含めたかなりの動植物に深刻な影響があると言われています。

私達の食卓にあがる食物の大部分、また、綿などの自然素材を使った衣料など、

「ミツバチ」の受粉によって、

生み出されているあらゆるものが、消えてなくなるという試算も報告されています。

また、様々な[ミツバチ]がいる中で、[森のミツバチ]とも言われる「ニホンミツバチ」は、

広葉樹のいくらかを占めるの虫媒花の受粉を助けます。

私達は、「ニホンミツバチ」を育て、元気にする手助けをする事で、

森の中の広葉樹が活発になっていく事を働きかけたいと思います。

森

今回、yuicaは、きわめて希少な「ニホンミツバチ」の蜜を、

この『ミツバチの問題』にすでに取り組まれている方々に敬意をはらいつつ、

“森のミツバチ(ニホンミツバチ)による森の活性化”などについてまとめたリーフレットと共に、

皆さまにお分けする事にしました。

限られた数ですが、その事により、少しでもこの問題を、

多くの人に広めたいと願っています。

「日本の森から生まれたハチミツ」(8月8日10時頃からyuicaウェブショップにて販売します。)

・30g 1500円(税抜)

・100g 3200円(税抜)

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.yuica.com/SHOP/FOOD01.html

発売にあたり、まずは、“売り切り”にさせて頂きますが、

次回の、年に一回の採蜜がまもなくなので、

予定数量に対してご注文数が上回りましたら受注のご対応にて

準備させて頂きます。

ニホンミツバチの蜜は色々な野花から集めるので、

その年々の気候や植物の状態、また、森の環境によって味が変わります。

今回、「日本の森から生まれたハチミツ」の味ですが、

芳醇な風味と香りが口にいっぱい広がる豊かな味でした。

もしよければ、お試しください。

ハチミツ

正プラス株式会社 http://sei-plus.com
yuicaウェブショップ http://yuica.com

yuica facebookでも様々な情報を配信しております!ぜひご覧ください。
http://www.facebook.com/sei.plus
yuica twitter
https://twitter.com/yuica_aroma
yuica instagram インスタグラム始めました!
https://www.instagram.com/yuica_seiplus/

コメントをどうぞ