2011年3月 のアーカイブ

飛騨の花 マンサク

2011年3月30日 水曜日

飛騨の花

マンサク(マンサク科)

東京、名古屋ではもうサクラの開花が見られる頃になりました。

飛騨では、まだ、残雪が見られますが、山で「まず花が咲く」木として、「マンサク」が咲いたのでお知らせします。

「マンサク」人の名のような面白い名前ですが、その語源は「まずさく」が転化して「マンサク」と言われるようになった、とか、また、この花の咲き具合によって「豊年満作」を占ったからとも言われる。

「豊年満作」を占ったころには、あちこちの山肌に「マンサク」が見られたのでと思う。この木は3月27日、飛騨市国府町の道路端で目を凝らしてようやく見つけた木です。花数が減っているのか、個体数が減っているのか分かりませんが、今の時代では「豊年満作」を占うことは難しくなってきている気がします。

庭木にもよく植えられているが、これは同じ仲間であるが、「シナマンサク」であることが多いと思います。「シナマンサク」は花が一回り大きく、花付きもよいが、花の時期にも前年の古い葉が落ちず残っているのでよくわかります。ご近所で見たら、ちょっと気にして見てください。

今年は、地震・津波で大きな被害を受け、生活が一変した方々には、大変な苦労を余儀なくされていると思います。マンサクも飛騨の寒い冬を耐え、花咲かせました。春は必ず来ます。

高山K

「5月飛騨高山ツアーのお知らせ」

2011年3月29日 火曜日

「yuica(ゆいか)」応援団の一人、

パチュリの川島さまが主催するツアーのご案内です。
 

http://www.aroma-patchouli.com/index.html
 
コンセプトは「皆が満足して感動できるツアー」
 
小さな体で、何事も120%の力を出して取り組む彼女は、

今回のツアー企画もお客様のことを考え、試行錯誤の連続でした。

必ずや、皆様に満足いただけるツアーになると思います。

 
<詳細はこちらです。>
http://d.hatena.ne.jp/nachos3337/20110329
 
また、今年から、「マヤ鑑定」も始めた川島さん。
 
ちなみに僕は「白い魔法使い」、これ、すごいらしいです^^。

東京K

「国産アロマ」が学べる和のアロマコースが誕生!

2011年3月26日 土曜日

から「国産アロマ」を身近に取り入れてみませんか。

 

4月より、愛知県日進市「ひだまりアロマスクール」にて、

全国初の「国産アロマ」が学べる和のアロマコースが誕生!

こちらのコースでは、一部『yuica』の精油をを取り入れていただきました。

和の香りはスーッとに届く香りです。

懐かしく、暖かな日本の自然の香りを是非

「国産アロマ」が学べる和のアロマコースで体験して下さい。

興味のある方は下記URLをご参照下さい。

http://www.hidamari-school.com/

 

といえば

『yuica』の里は少しづつに向かっています。

の訪れ。ふきのとうを発見!!

天ぷらにしたり(^^)   ふきのとう味噌にしたり(^^)

ワクワクします。

はすぐ近くに来てますよ。

 

(^^)nico(^^)

「応援団」

2011年3月23日 水曜日

  前回、紹介した斉藤京子さま

 

 からの叱咤激励です。

 http://ameblo.jp/kyoko563285/

 「今、この時こそ、アロマの必要性、和のアロマを広めないでどうする!」
 

 斉藤さん!

確かにそれも大切ですが、

今はあなたの活動を最大限に応援します。
 
 

 応援団員からのメッセージです。
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-6042.html 
 
 この輪を広めます。

 

東京K

私たちにできること。

2011年3月18日 金曜日

3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

テレビでの震災の風景をみると、心が痛みます・・・・・。

涙が流れます。

自分の普段生活している現状が、どれだけ幸せな事なのか、改めて実感しました。

私たちにできる事はなにか・・・・・・。

節電・・・・・、募金・・・・・・。

少しでも、被災者の方の笑顔が戻りますように・・・・と、yuica社員一同協力して、募金をしました。

募金はお金ですが、立ち直ってほしいという気持ちも募金と一緒にもらった気がします。

少しですが、みんなの想いが、被災者の方に届きますように・・・・。

 

 738

「今できること」

2011年3月18日 金曜日

朝早く、僕の携帯電話に「ボランティアナースとして避難所に向かってます。」

という一言を残された斉藤京子さま

 

 

以前も紹介しましたが、

18年間看護師として医療の最前線で活躍された方です。

 

彼女の声をお読みください。

http://ameblo.jp/kyoko563285/

 

今の現実に僕は、何をどうすればいいのか全くわからなくなりました。

何をどう整理しても答えは、「今は動けない」。

必要なものは、「暖かい食べ物」「命に必要なもの」

目に見えるものだけを考えてしまいます。

 

彼女は避難者の方々に何て声をかけたのだろう。

今一番届きづらいはずの「愛」「優しさ」をどう届けたのだろう。

目に見えないものは届くのだろうか。

 

彼女のことだから、きっと、そんなことは考えもせず、ただただ真っすぐに

飛び込み、彼女が「今できること」を心から伝えてきたと思います。

 

東京K

「何ができる。」

2011年3月15日 火曜日

「何ができる。」

このような状況で何ができるか自問自答の数日。

お客様は、己の道を信じてできることから動いています。

 

大阪在住のナチュラルセラピスト中川久美さま

 

http://ameblo.jp/atelier-asterisk/day-20110314.html

 

 皆様の「何かしている」活動を是非お寄せ下さい。

花芽 ~ニオイコブシ~

2011年3月11日 金曜日

先日、正プラス隊長Mr.Kとニオイコブシの花芽を摘みに行きました。

 

花芽は所々にあります(^u^)

今日は、これだけたまりました。

 

花芽を摘んだだけで、手がニオイコブシの香りに包まれました(^-^)

738

 

 「yuica(ゆいか) in カリス成城本店」

2011年3月10日 木曜日

yuica(ゆいか)の枝葉達に宿った小さなつぼみから新芽が出たとの連絡を受け、
一足早い春を見てきました。
 

(分かりずらいですが、ミズメザクラとクロモジのかわいい新芽たち)
 
 
カリス成城さまの店舗では、
http://www.sei-plus.com/shop/
 
ただ今、yuica(ゆいか)の枝葉達も登場してます!

東京K

「yuica(ゆいか)誕生物語 in 神戸」

2011年3月8日 火曜日

お客様の依頼で、神戸で「yuica(ゆいか)の誕生物語」の話を

長々としてきました。

 
約30名のお客様の中には、近畿大学薬学部や兵庫医療大学薬学部の教授、

アロマサロンの経営者、華道の先生等々の面子がずらり。
 
 

ここでの主役もやはり、「yuica(ゆいか)」の枝葉達でした。
 
笑いの本場関西で「笑い」をとる難しさ。
 
これは勉強になりました。

 

東京K