home / yuica認定日本産精油総合講座 / よくある質問

よくある質問

問1. なぜ「yuica認定」で「○○協会認定」ではないのですか?

答1
精油は、植物から抽出される極めて濃厚なエッセンシャルオイルで医学的に見ても科学的に見ても本来「国家認定」が必要なくらい慎重な要素を含んでいます。
また、精油は「トレーサビリティ」や「成分分析」をしっかりとしなければ、本格的な研究対象となりません。

そのような条件をyuicaはクリアし、多くの研究成果をあげてきました。
他方、yuicaを始め日本産精油が世の中に、出まねる量が日々増えている中で、yuicaは「yuica自身の精油」と「yuicaが提携する精油」が正しく使われるようにするためにこの「yuica認定日本産精油総合講座」を始めなければいけない状況になったのです。
そして後述のように日本を代表する「アロマスクール」が次々と講座を実施し、予想をはるかに超えて多くの人が学んでいます。

問2. 日本産精油は、日本のアロマ業界では、いつまでも主役にはならないのではないのでしょうか?

答2
温帯林として世界一の森林を持つ日本は、温帯に住む人に適切なアロマをもっとも多く提供できる国です。
ですから、主役になる可能性が非常に高いと言えます。

また現在販売されている日本産精油だけでも、成分的に見て重要な成分が幅広く含まれているので、セラピー一般を、網羅できますし、今後、より多くの植物からの抽出に成功し、新しい成分の発見や研究が進めば、ますます多くの用途が広がることでしょう。

問3. 外国産の精油に比べyuicaの香りは爽やかでかつ深みがあり飽きが来ません。何か特別なことをしているのですか?

答3
yuicaは飛騨の山々の樹木の枝葉を中心的素材として、山の中の地下水を使い、「水蒸気蒸留法」で抽出し、「何も足さず、何も引かずに」精油として販売しています。

ラインナップは、樹木からの精油が主で、成分的には、炭化水素が多種多様に含まれます。
中には主要な芳香成分とも言うべき「リナロール」「ゲラニアール」「ネロリドール」などのアルコール系やアルデヒド系の成分を含み、香りの良さは、世界のトップレベルに属すると言われており、それは、「レクサスブレンド」や「世界的リゾートホテル」などでの採用実績が証明しています。

問4. アドバイザーの資格を取得しただけではyuicaの精油を使ったサロンは開けないのですか?

答4
アドバイザーの資格を取得していただくと、「yuicaの精油を使用したサロン」として活動していただく事について可能です。

アドバイザーの資格の上にある「yuica認定日本産精油インタープリター」の資格を取り、各学校のトリートメントの資格をもっている人や、もはやサロンを開いて実績のある人が「yuica認定日本産精油インタープリター」の称号をかかげ、サロン活動をされていますので、より信頼度を高めたい場合には、「インタープリター」資格をご取得ください。

問5. アドバイザーから先どういう風にステップアップして行くのですか?

答5
アドバイザーを取得された方は、予備知識があるので、ワンランク上のインタープリターの資格を取りやすくなります。
アドバイザーは正プラス(株)で直接、通信講座で取得可能ですが、インタープリターの資格は基本的にスペシャリストによる講座を受けて頂き、yuicaが認定する試験を受け合格すれば「yuica認定日本産精油インタープリター」の称号が取得できます。

またスペシャリストは別ページにあるyuicaの基準を満たした専門家で、スペシャリストの講座を受け認定された人です。(「yuica認定日本産精油インタープリター」「yuica認定日本産精油スペシャリスト」のページを参考してみてください)